飛べるくらい軽くなりたい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べるくらい軽くなりたい

来世は蝶々に生まれたい。そして一生青虫で居たい。

・ブプロピオンを使った禁煙に関しては"こちら"に移植しました。
・コメントブコメ大歓迎です。
・個人的に読んで欲しい記事
出張が楽し過ぎたのでセミ1セミ2下戸の愚痴綿棒

犯人はストレス。

 働くということは自分の人生を切り売りすることだと思います。業務をこなす度に誰かが私の人生を少しずつ切り取っていくのです。人生を切り取られたときの痛みは人それぞれです。その半生を会社にささげても元気なおっさんがいる一方で、痛みを誤魔化す為に毎週のように精神科に通う同僚もいます。私はどちらかというと後者、人生を切り取られる痛みを感じる方だと思います。痛みはストレスとなって私の体の中を駆け巡ります。肩と背中が凝り、手が震えます。耳は現実には存在しない音を感じ取り、深呼吸をしても肺は全く酸素を吸収してくれません。実は私はその痛みを消す方法を知っています。でも私はそれを自分で禁じてしまいました。でも、私は知っているのです!その痛みから、その苦痛から、私を解放する方法を。

 

 というわけで誠に遺憾ながら禁煙に失敗してしまいました。しかし、私は不屈の精神を持って本日より再び禁煙に望みます。失敗するまでの経緯は、夏休み明け最初の出勤日の24日にの残業中に耐えられなくなって同僚から一本貰って吸っちゃって、会社帰りに近くのコンビニに寄ってタバコをゲット!という流れです。以降、25日、26日もずるずると吸い続けてしまいました。今日から禁煙を再開します。ちなみに5年前に禁煙にチャレンジしたとき(6ヶ月くらいで挫折)はデパスを飲んでストレスを誤魔化してたみたいです。デパスをやめるのはタバコのときよりもずっと辛かったのでデパスに頼るのはやめときます。

 そういえばデパス向精神薬指定になって処方箋無しでの入手がNGになるかも知れないという記事を読みました。今まで個人輸入してた人は大変だろうなー。かわいそうだなー。と他人事気分で記事を見てたら、悲しいことにアモバンも指定対象に含まれていました。アーメン。まあ適当な内科に行って「眠れません」って言えば睡眠薬を処方してくれるのであまり危機感は感じていません。と言いつつ後何錠残ってたけなーと在庫を確認しましたw。デパスも精神科とかに行って処方してもらえるんですけど、「眠れません」というだけの睡眠薬と違って、赤の他人(お医者)に色々聞かれたり個人的な悩みを打ち明けるのは、私のような人間にはとんでもない苦痛だったりします。デパスを処方してもらうためにデパスを飲んで病院に行くというアホくさい事をしていた時期もありました。しかも「デパス欲しいっす!」って言ってるのにSSRIとかを処方される場合もありますし、なんやかんやで個人輸入してた人は心配事と面倒事が増えるんじゃないかなと思います。私には関係ないけど!

 

閑話休題。 ←使ってみたかっただけ。

 

 ブプロピオンを飲み始める前と禁煙失敗後(ブプロピオンを飲み始めて3週間くらい)のタバコを吸った感覚とかをまとめて今日はおしまいにします。表が作れなかったので見にくくなっていますがご了承ください。

※項目:ブプロピオン飲む前→3週間後の順に書いていきます。

 

銘柄:ラッキーストライクラッキーストライク

味(タバコ):美味しい→いまいち。半分くらい吸ったところでもういいやってなる。

本数/day:1箱弱→3~4本

お腹の調子:快調→(便秘2日毎に便秘薬を飲んでます。)

食欲:普通→変化無し※1

味(食事):普通→変化無し※1

体重:45Kgくらい→41Kgくらい(痩せたというより”やつれた”感じです。)

睡眠:不眠気味→変化無し※2

※1:この二つはブプロピオンを飲み始めて3日後(禁煙前)に出てきて飲み始めから約2週間後に消えました。同じタイミングでニコチンの離脱症状が消えたのでニコチン+ブプロピオンの組み合わせが悪いのかブプロピオン単体での副作用なのかは分かりません。あと、不調だったときも好物(カツオの刺身、スイカ)は美味しく食べられたので、なにか精神的なものだったのかもしれません。

※2:元々寝付きが悪くアモバン(睡眠薬)を飲んでいました。ブプロピオンを1日2錠飲み始めてから、お昼ご飯より後に2錠目を飲むとアモバンを飲んでも眠れなくなりました。その後、ニコチンの離脱症状で数日間ほとんど寝っぱなしの時期はブプロピオンを飲んでもすぐに寝てしまう状態でした。離脱症状が抜けた後は夕食時に2錠目を飲んでもブプロピオンを飲み始める前と同様に眠れるようになりました。こっちも精神的なものが大きかったのかなと思っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ