飛べるくらい軽くなりたい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べるくらい軽くなりたい

来世は蝶々に生まれたい。そして一生青虫で居たい。

・ブプロピオンを使った禁煙に関しては"こちら"に移植しました。
・コメントブコメ大歓迎です。
・個人的に読んで欲しい記事
出張が楽し過ぎたのでセミ1セミ2下戸の愚痴綿棒

映画〔アメリ〕で勘違いしていたこと。つーかデュファイエルって誰だよって話。

一応ネタばれ注意。

 

 

 

 

 

 

 

内気なまま暮らすのも彼女の権利だ

人間には人生に失敗する権利がある。

 

勘違いしてたのはこの台詞。

この台詞を言ったのは絵描きのお爺さんだと思ってた。

なんて無責任な台詞なんだと思ってた。

内気なまま暮らし、綺麗に失敗した私の人生をどう処理してくれるんだと思ってた。

 

 

でも実際は違った。

 

 

実際の台詞はこう。

不当な干渉だ 赦し難い
デュファイエルの奴
アメリの自由だ
夢の世界に閉じこもり
内気なまま暮らすのも彼女の権利だ
人間には
人生に失敗する権利がある。

 

ちなみに、デュファイエルは絵描きのお爺さんの名前。

 

この台詞は

爺さんに「小細工なんかしないでストレートに告白しろよ」

と言われたアメリが、現実逃避しているシーンに出てくる。

この台詞を言うのはアメリが観ているテレビの俳優なんだけど、どう観てもアメリの心の声です。妄想です。

なんで当時これが分からなかったのかが謎。

 

 

結局、アメリはデュファイエル爺さんにもう一度背中を押されて、気持ちを伝えてラブラブハッピーエンドで映画は終了。

 

みんなが良い映画だって言う理由がやっと分かった。

 

 

 

 

 

最後にデュファイエル爺さんが最後にアメリに伝えたメッセージ(ビデオレター)。

わしだよ

可愛いアメリや

お前の骨はガラスじゃない

人生にぶつかっても大丈夫だ

もし お前がこのチャンスを逃したら

やがては

お前の心は わしの骨のように

乾いて脆くなってしまうだろう

さあ

彼を捕まえるんだ

 

あれだよね。

勘違いしてたのは私のせいだしさ。

失敗するのを知ってて内気なままでいたのも私のせいだよ。

 

でもね、この台詞、私の心が乾いたガラスになる前に知りたかったな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ