飛べるくらい軽くなりたい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べるくらい軽くなりたい

来世は蝶々に生まれたい。そして一生青虫で居たい。

・ブプロピオンを使った禁煙に関しては"こちら"に移植しました。
・コメントブコメ大歓迎です。
・個人的に読んで欲しい記事
出張が楽し過ぎたのでセミ1セミ2下戸の愚痴綿棒

台風の日に散歩をした話。

「やっぱり雷がベストだよなぁ」

出典は忘れた。

確か昔読んだ漫画で死にたいおっさんが言う台詞。

 

雷がベストな理由はすごくシンプル。

自殺→天国にいけない

他殺→協力してくれる人が居ない

 

大学生の時、この台詞にすごく共感した。

別に死にたかったわけじゃない。でも生きていたくも無かった。

雷の持つランダム性に自分の人生を預けてみたかった。

 

台風の日に友達と二人で近くの公園に行った。

公園の広場でビニール傘を広げた。

ひとたび風が吹くとビニールは飛ばされ、骨組みだけが残った。

 

それで十分だった。

この骨組みは、きっと、少しだけ、雷が振ってくる確率を上げてくれる。

 

私たちは手をつないだ。

これで雷に打たれる確立は2倍だと言って笑った。

 

遠くで空が光った。

音が聞こえるまで、かなり時間がかかった。

早くこっちに来ないかな。楽しそうに彼女が呟く。

 

”雷に打たれて死にます。さようなら。”

それだけを書いた連名の遺書を彼女のアパートの部屋に残してきた。

たった一行だけの遺書。一枚で二人分の遺書。

死ぬ気が無いのだから、遺書も手抜きになる。

 

次に光った雷はさっきよりも遠くに行ってしまった。

その次の雷はさらに遠くへ。

 

やがて私たちは家路へつく。

今日も死ねなかったね。私が呟く。

死ぬ気、なかったしね。彼女が呟く。

 

つないだ手はいつの間にか離れていた。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ