飛べるくらい軽くなりたい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べるくらい軽くなりたい

来世は蝶々に生まれたい。そして一生青虫で居たい。

・ブプロピオンを使った禁煙に関しては"こちら"に移植しました。
・コメントブコメ大歓迎です。
・個人的に読んで欲しい記事
出張が楽し過ぎたのでセミ1セミ2下戸の愚痴綿棒

〔映画〕イップ・マン 葉問  原題:葉問2 を観た感想。

まず始めに言いたい事があります。

ネタバレ注意。

 

あと邦題。

イップ・マンと葉問は同じ意味です。

人の名前。中国人だから。

漢字で書くと"葉問"。

カタカナで書くと"イップ・マン"。

要するに邦題。

原題のほうが分かりやすいってどういうことよ。 

 

原題は 葉問→葉問2 死ぬほど分かりやすい。

邦題は イップ・マン序章→イップ・マン 葉問 死ぬほど分かりにくい。

 

第2章でいいじゃん。いいじゃん。

って思ったけどよく考えたら序章の次って第1章だよね。

なんか納得した。多分邦題付けた人も悩んだんだろうなって。

文句言ってごめんなさい。

本当にごめんなさい。

 

 

潔く謝ったところで、感想。

前作が日本軍に抑圧された中国の町の中で、日本人と中国人の対立が描かれていたので、ちょっと思うところがありながら見ていました。

でも日本軍への表現は大分柔らかくしてあって、悪者は日本軍の参謀一人に押し付けて、日本軍の偉い人とイップ・マンの武道対決とかは綺麗な試合だったと思います。

かなり日本人へ配慮されている印象でした。

 

そして今作。

舞台は(日本軍から逃げて)香港へ。

当時の香港といえば、イギリスの植民地。

イップ・マンは英国人ボクサーと闘います。

日本人が絡んでないので純粋に楽しめました。っていうのもどうかと思うけど本音。

そして思いました。

この映画、ロッキー好きな人なら絶対好きだと。

私もロッキー大好きなのでこの映画も楽しめました。

 

ただ、今作は英国人が汚く描かれている気がします。

汚職英国人警官が幅を利かせていたり。

中国拳法vsボクシングの構図なのに、試合の途中でいきなり「キック禁止な」っていってみたり。

中国の師範を試合でとはいえ死なせちゃったり。

しかもこれ、偶然打ち所が悪かったとかじゃなくて、明らかにロープダウンしている師範をボクサーが殴り続るんですよ。それはもうボコボコに。

確かに、死んじゃった師範もロープをつかんで必死にダウンしないようにしてるんですけど。中国拳法の為にって言って。

死ぬまで殴らせる英国人レフリーとかどうよって。

散々殴って床に転がした後にレフリーが最初にしたのが瞳孔と脈の確認ですよ。

これらのシーンに関しては英国人への風当たりが強いなーと感じました。

 

確かに逆境があって、その中でヒーローが勝つから面白いんだろうけど。

確かに最後にイップ・マンが勝ってスカッとしたけど。

前作での日本軍の表現とはかなり違うなと思いました。

これは私が日本人だからなんでしょうか。

 

気になったのはそこの描写だけです。

後は頭をカラッポにしても楽しめる映画でした。

分かりやすいって意味でね。いい意味だよ。

ロッキー好きな人はぜひ観てみて下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ