飛べるくらい軽くなりたい

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べるくらい軽くなりたい

来世は蝶々に生まれたい。そして一生青虫で居たい。

・ブプロピオンを使った禁煙に関しては"こちら"に移植しました。
・コメントブコメ大歓迎です。
・個人的に読んで欲しい記事
出張が楽し過ぎたのでセミ1セミ2下戸の愚痴綿棒

簡単な晰夢の見方。その1、金縛りの有効利用。

明晰夢(めいせきむ、英語:Lucid dreaming)とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

 (出典,ウィキペディア,明晰夢)

 

まずはこれを見て欲しい。

ilaa.hatenablog.jp

読むのが面倒な人用に要点を書くと。

・現実を明晰夢と勘違いする。

明晰夢(本当は現実)から醒めようとする。

・もちろん醒められない。

・パニック

 

という流れです。

確かにあの時はまだ麻酔から完全に醒めていなかったので、夢と現実の境目がびみょーな感じでした。

仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが、それでも、夢だと思っているものから醒められないのはとても怖いものです。

 

私が知っている明晰夢から抜け出す方法は3つあります。

  1. 体を無理矢理動かして夢自体から醒めてしまう方法。
  2. もう一つは明晰夢の中で眠ってしまう方法です。
  3. そのまま明晰夢見続けることです。そのうちに頭が働きだして自然と目が覚めます。

3を含めて尿意等の生理現象で目が覚めた場合も、焦らず騒がずもう一度寝れば夢の続きが見られるときもあります。

 

繰り返しになりますが、夢だと思っているものから醒められないのはとんでもない恐怖です。そのトラウマ?から私は退院以降に見た明晰夢は全て眠る事で回避しています。

やっぱあれですね。夢でも現実でも寝逃げが一番!ってことですね。

 

本題。

そんなこんなでしばらくは明晰夢で遊べなくなっちゃたのでお前らにも明晰夢の見方を教えてやろうじゃないかというコーナーです。存分に恐怖を味わうがいいさ。

下記では私なりの明晰夢の遊び方を紹介しています。

見れねーよ!って怒られても困るし、帰ってこれねーよって状態になっても私の夢枕に立つのは止めてください。自己責任。自己責任。

 

明晰夢の種類

大きく分けて2つの種類があります。

1:夢の中で体を動かせるパターン。

2:体を動かせないパターン

 

一般的には1が明晰夢、2は金縛りと呼ばれているものだと思います。

明晰夢は後で説明します。

金縛りの場合、金縛りに入るまでにいくつかのステップがありますので紹介します。

 

金縛りのステップ

ステップ1:

体、特に仰向けに寝ている場合肩甲骨の辺りがむずむずします。

ステップ2:

上半身を中心に寒さを感じます。

ステップ3:

本格的に金縛りが始まります。体が動かなくなります。眼球、首が動く人もいるそうですがilaaの場合は目蓋すら開けられなくなります。

ステップ4:

足に重みを感じます。このとき目を閉じているのにも拘らず室内が見えたり、或いは幽体離脱した状態で寝ている自分が見える場合もあります。

ステップ5:

足に感じていた重みがだんだんと上に上がってきます。特にステップ1で感じた肩甲骨のむずむずが強く感じられます。

ステップ6:

重みは首の下まで来ると止まります 。あとはこっちのターンです。

 

金縛りの対処法

ステップ1,2までは寝返りを打つなどの動作を意図的に行う事で確実に回避できます。またステップ6まできても叫び声をあげる事で金縛りから逃げる事が出来るようです。叫ぶ方法はやった事ないので効果があるのかは知りませんが。

 

金縛りの利用法

一応利用法もあります。がいくつかポイントがあります。

  • 金縛りにあったときに仰向けで寝ていること。
  • ステップ3の時点で目蓋を閉じている事。
  • ステップ4の時点で目蓋の裏が見えていること。他の視点にいるなら目蓋の裏を思い出して強引に戻る。
  • ステップ4,5,6はボケーと重みが上がってくるのを感じていてください。くれぐれも寝ないように。
  • 6まで来ると重みは首の辺りでストップします。そのままだと邪魔なのでもっと上に動いてもらいましょう。両足をピンと伸ばします。このとき肩にとか背中に力が入ると醒めてしまうので注意してください。多分足以外でも体の一部に力を入れればいいだけだと思うのですが私は足でしか成功した事がありません。
  • 足ピンをすると重みが頭を超えてその辺りで止まります

 

いくつかと言いつつ結構ありましたね。ポイント。

そしてこれがラストとポイント!"そのまま寝てください。"

 

かなりの多幸感を味わいながら眠りにつけるはずです。

 

 

次記事

 

ilaa.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ